2008年04月07日

【労働環境】男の育児休業:「前例ないだろう」「やる気あるのか」…育児を阻む企業風土

「男で育休を取るつもりか。前例はないだろう? まあ無理だな」。
兵庫県の元運輸会社社員の男性(38)は03年末、上司の人事課長に育児休業を願い出たが、
却下された。当時長女は1歳。妻(37)は病気で、選択肢は限られていた。

会社の従業員は約500人で、創業は大正。女性でも育休を取りにくく、古い会社だと思っていた。
そんな風土に風穴を開けたい、という思惑もあった。

3カ月後、この課長から突然、人事異動を告げられた。
異動先は会社が事業の委託を受けている接客関係の職場。勤務時間が不規則で、「明らかに報復人事だった」。
自分を買ってくれていた幹部が交代したことも響いた。
「あいつはうるさいやつだ」との評価になっていたことは気付いていた。

新しい職場は早朝出勤も多く、子どもを市内の実家に預けてしのぐ日々が続いた。
だんだんと追い詰められる日常に憤りが募り、「働き方を変えるしかない」と決意した。
退職は05年2月。「会社勤めはまた同じ目に遭う」と思い、自営業(保険代理店)を選んだ。
ファイナンシャルプランナーの資格も取ったが、顧客開拓は容易ではない。収入は3割ほど減った。

それでも、勤務時間の融通が利き、仕事と育児の両立が可能になったメリットの方が大きかった。
昨年には、長男も生まれた。
退職後、元同僚から異動はやはり報復的なものと示唆された。
男性は「男の育休は、『男は仕事、女は家庭』との考えが強い地方では煙たがられるだけ」と話す。

煙たがられるのは、都市部でも同様だ。
大阪府の会社員、伊東孝さん(39)は06年に育休の取得を申請した時の上司の罵声(ばせい)が、
今も記憶から消えない。「やる気があるのか」「出世する気はないんだな」
まるで「落後者」扱いだった。
妻(35)が長女の出産と同時に外資系企業を解雇されたため、育児を任せることも確かにできた。
だが、「育休は会社人間の自分を振り返るチャンス」と考えていた。結局、06年5月から12月まで育休を取った。
同僚らが大賛成してくれたことが救いだった。

会社は清掃関係などを広く手がけるサービス業の大手。
育休中、給与が半分以下に減ったのは大きな負担で、預金がなければ不可能だった。
復帰後、不利益な扱いは見られないが、伊東さんは「『男性の育児』がブームだが、企業社会の中は別」と振り返る。

ソース(>>2以下に続きます)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20080405ddm013100003000c.html

2 名前:きのこ記者φ ★[] 投稿日:2008/04/06(日) 22:48:47 ID:???
(続き)

企業風土を見越し先手を打ったのが、東京都の大手金融業の男性会社員(38)だ。
「育休後もフルに働けないが、浮いた人件費でアルバイトの確保を」
「育休を理由に評価を下げたり、ボーナスをカットしないでほしい」−−。

男性は先月、育休申請とともに処遇要望書を会社に出した。
育休後に復帰した女性社員が、ボーナスが不当に減らされ、上司に抗議したところ
「同僚への迷惑料だ」と逆ギレされたケースが記憶にあったからだ。

上司は「不利益なことはしない」と明言したが、「世間で(男性の育休が)言われても(社内には)異論もある」とも漏らした。
育休は来月から来年2月まで。社内初だ。男性は「不安で仕方ないが取ってみるしかない」と語る。


■休まない理由「他人の迷惑」半数超−−人事院調査
政府は、男性の育休取得率(05年度0・5%)を14年度までに10%に引き上げることを
目標に掲げるが、実現の見通しは薄い。

人事院の2月の調査で、育休を取得しなかった国家公務員の男性にその理由を聞いたところ、
「他人の迷惑になる」が52・6%で最多。「収入が減る」(47%)、「代替要員がいない」(17・5%)などが続いた。

育休中は、雇用保険から基本給付金などが支給されるが、額は休業前の月給の50%
(07年3月30日以前の職場復帰は40%)。「収入の壁」も育休を阻む要因になっている。

第一生命経済研究所の松田茂樹主任研究員は「現行制度は1人の子どもに育休が1回しか
取得できず融通性に欠ける。分割取得を可能にするなど、もっと使いやすい制度にすべきだ」と指摘する。

(記事終)

3 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 22:49:55 ID:+SAJyhot
リコーの太田さんは偉かったなぁ。

4 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:50:57 ID:BACGkP2y
これが社会の現実
就活中はどこの企業も男でも育児休業できるとか言ってるけどな

5 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:51:25 ID:ltF1ySFK
あたりめーだろ

6 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 22:51:56 ID:ECqab5cb
まあこんな国じゃ出生率が回復するわきゃないよな。

無能の集まりでも一番多かった団塊の世代が若い層を
食いつぶす最悪の終わり方で日本も発展途上国の仲間入り。

7 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:52:42 ID:WAUo93dU
>>同僚らが大賛成してくれたことが救いだった。

コレ、日本人の一番卑しくて、ずるくて、陰湿な部分だよなぁ

8 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 22:53:06 ID:KJbcz0Mt
こういうの発言があったらすぐ豚箱ぶち込めるように
法体系と運用変えないとダメだろ

9 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 22:53:39 ID:SqTndTnC
罰則つけて義務化しない限り無理


10 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:53:48 ID:ltF1ySFK
つか男が子育てしながら仕事ってバカじゃないの?

11 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 22:54:24 ID:CbotDfXT
>「代替要員がいない」(17・5%)などが続いた

これだな。育児休暇なんて、
簡単に代替可能な仕事をしてる奴だけが言える空論。

12 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:56:44 ID:tuWjuHC4
>>10
その理由を述べよ

13 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:58:06 ID:vXBon9uT
なんのために2ちゃんはあるんだ。

不当労働行為をするような企業は、晒してやれ

14 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:58:36 ID:zRize0Jw
報復人事の話とかはわかるが
休暇日数が多ければボーナスは減って当然なんじゃないのか?
ここがよくわからない。

15 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:58:57 ID:Fwy2wzFq
子供とるか仕事とるか、その人しだいだな、報復人事のことも考えて
動かないといけないところが痛いな、生々しいわ、実例は

16 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:59:04 ID:afo9UnWx
育児休業中の給与は誰が負担してるの?

17 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:59:05 ID:tmknP18C
「育児休業? いいよ、いってらっしゃい。 今までお疲れ様でした。」

18 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 22:59:10 ID:XTOkxEN8
むりむり。
ムショ送りにでもしない限り。


19 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:59:22 ID:QlyidYZz
>>12
「つか」から始まってるぞ。考えてもの言ってるわけ無いじゃん。

20 [] 投稿日:2008/04/06(日) 22:59:47 ID:T+hxXbYX
追加情報!
http://2ch.ipod-iphone.org/page-gch.php?fid=1





21 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:01:10 ID:UlagQFDb
現実見ないで「育児しない男を父と呼ばない」みたいなポスター作っちゃうような無能だからなお上は

22 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:01:16 ID:tuWjuHC4
>>16
雇用保険と税金

23 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:01:42 ID:CRLg/ggw
現在の課員でギリギリやっていけてるのに
育休で休むっていわれても困るわ

24 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:02:57 ID:eHcTkGN8
そもそも日本は男が育休とれるような
環境が整ってないだろ

25 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:03:17 ID:XDZRCJy5
こういう会社は晒さないとダメ。

26 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:03:31 ID:KJbcz0Mt
>>16
給与はゼロだろ普通(休業中)
社会保険料関係はどういう扱いになるか判らないけど

27 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:05:35 ID:pBnrNN2T

        |
    \  __  /
    _ (m) _ ピコーン!
       |ミ|
     /     \
       (゚∀゜)   そうだ!結婚しなきゃいいんだ!
       ノヽノヽ
         くく


28 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:06:27 ID:eGh3NyRW
それだけの理由で降格されたと思ってる奴がいるみたいだね
実際は普段の行いだよ普段の


29 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:06:29 ID:tuWjuHC4
>>27
そうだよ

30 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:07:44 ID:MjOwBWRv
ワークシェアして15時で退社可能とかに
してくれるのがいいんだけど。

31 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:08:38 ID:4sbsUfKg
>>10
逆に聞くが乳幼児期の子供がいる場合、妻が病気・死別したらどうするんだ?

32 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:09:32 ID:CRLg/ggw
使える奴が育休をとる→育休が終わったらバリバリ働いてくれよ!
使えない奴が育休をとる→もう君いらないから

33 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:10:24 ID:tuWjuHC4
IT化で在宅で仕事できるかと思いきや
セキュリティの関係で仕事が全く持ち出せなくなったというところは多いのでは。

育児休業取らせないなら託児所くらい併設せえと。

34 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:10:57 ID:9ZlZ73Mh
社員に対して、全て公平な処置が取られるのなら
既婚社員と独身社員の差をどのようにして埋めるというのか。
育休も結構だとは思うが、それならば
既婚社員が育休とやらで休んでいる時に増える負担に対して
その負担を負っている社員に何らかの手当てを付けろと言いたい。

35 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:11:14 ID:fDz8fGHV
夫が育児休暇とるなら、当然妻は働くんだよね?
家政婦付、扶養手当あり、税制優遇ありで休もうなんて、甘すぎる。

36 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:12:04 ID:WAUo93dU
>>32
一番の問題は、そういうのを是認する馬鹿がいる事なんだよなぁ・・・
「普段使えないのが悪いんでしょ」て。この問題とまったく関係ないのにごちゃまぜにして論じて、断じてる

37 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:14:08 ID:4sbsUfKg
一人抜けたぐらいで仕事量が増える環境のが異常だろ
それなりに社員数抱えている所なら、如何なるポストの人間が抜けてもある程度代わりが効く

38 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:15:28 ID:Y6fMC/6k
無能な奴は在宅可になるとスタンドプレーが効かなくなるので困る
自慢のコミュニケーション能力も発揮できなくなり苦境に立たされる

39 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:15:57 ID:a+LH6OMR
リーマンの仕事って誰がやっても代替えが効く。
俺しか・・・とかは完全に思い上がり。ただ、このプライドが日本を支えるよなぁ。
だから、差をつけるために育児休暇を取るより働いてる人が出世するのは当たり前だな。
リーマンも減点評価のとこはしょうがないだろ。

40 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:19:11 ID:fDz8fGHV
現実には、たった1日の有給休暇すら、まともにとれないんだけどね。
中小は、有給休暇取得を想定した仕事量にせず、ぎりぎりでやってる会社ばかり。
そんな中で、育児休暇なんていいだしたら、残りの社員はどうなるのか・・・。

41 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:19:17 ID:WAUo93dU
>>39
昔ワイドショーでは女コメンテーターが「育児休暇をとった方が出世できるシステムにしましょう」
とかほざいてたけど、この発言は発言で「男は結婚しないと半人前」の価値観を強制してるんだよなぁ


42 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:19:33 ID:zRize0Jw
>>39
まあ実際はギリギリの人数で回してて
「(すぐに連れてこれる)代替人員がいない」なんだよな。
本当に代替がきかないような人材って
日本の会社では創業者以外は出る杭として確実に叩かれそう。

43 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:21:23 ID:mWPQ5yXD
つまり女性に仕事か育児かの選択を迫った風土が生きているということ。
女性の結論は生まないということ。その同じ風土から男性の育休がとれるわけがない。
多くの女性は乳幼児の子を預けて働こうとするが病気したといって1週間休んだり
しているうちにもういいからと言われてしまう。結局会社は子持ち社員締め出しをしている。
若い社員もそれを見ているら子供を育てながら働くのは無理かと思う。少子化は当然の結果。


44 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:22:42 ID:1kclusHK
社員5人とか10人の会社で、育児休暇なんて取れるわけねーだろ

45 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:23:35 ID:WAUo93dU
古い会社に限って
「若くて個性的な人材、ウェルカム(←古い会社独特な言い方w)です」とかいって
仏頂面で出るくいを叩くからなぁw
新しい会社は、出るくい叩くなら叩くで、そもそもそんなウェルカム発言しないだろうし・・・言行一致っていうか


46 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:23:42 ID:eGh3NyRW
>>36

>普段使えないのが
その程度ならいいんだよ
他の社員の為にいてほしくない奴、足を引っ張る奴ね
腐ったリンゴは排除されるのが民間企業

47 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:24:28 ID:zLQ8Yo8y
女職場ですが「今年は忙しいから子供作るな」とか言われたけど、これパワハラですよねえ…

48 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:25:58 ID:sT4PwZiC
育休取るくらいなら結婚しないか、子ども産まないか、配偶者の片方が仕事を辞めるべきと今までは考えてた。
このケースも母親は仕事辞めてるから男が育休取るのはおかしいと思った。
でも病気や怪我やその他の事情を考慮できなかった自分を反省。

でもうちの会社の女性社員は共働きで産休&育休。市ね。

49 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:26:09 ID:CRLg/ggw
使える奴ほどあっさり辞めてしまう
再就職が容易だから

50 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:26:19 ID:WAUo93dU
本当のパワハラは欝になるほどだろ

51 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:26:25 ID:CsjR2BUl
前の会社で、育児休暇取ってた男が報復人事されかけた


52 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:26:49 ID:Ocke9P3K
育児休業なんだよ、育児休暇じゃなくて
今、偉そうな事行ってる連中も、何れ、介護休暇、介護休業になるよ
全ては、あと10年後、同じ様にご大層な事が言えるかな?

53 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:28:20 ID:3/87ihx7


10人でやってた仕事を9人でやる
→半年もあればなんとか慣れる
→じゃあ10人はいらなくね?

10人でやってた仕事を9人では無理なので1人代わりを入れる
→半年あれば代わりも仕事をこなせるようになる
→じゃあ今更半年前の浦島太郎はいらなくね?

54 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:29:12 ID:clMZiJyT
俺が思うに、少子化対策する動き無くないか?


55 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:30:11 ID:WAUo93dU
同族中小企業の経営者とかは
自分はカリスマ性があって、先進的で、まるで俺は信長だ!とか考えてるんだろうな
はたからみたらマッチョで、ひとりよがりで、考えの古い中年なのに

56 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:30:16 ID:XZsmCUXI
子供を産むなんて
贅沢だぞ!

57 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:33:08 ID:dXG7lHVh
子供は要らない金を作れと言っている。
そんな人間は即刻首にしろ!!会社の利益にならん!!

58 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:33:52 ID:OplwTswU
育児休暇を認めないなら
最初から、我社では育児休暇制度はありません、と言えばいいのに。

反対するものは
ルールに違反しているということを分かっているのか?
ルールの範囲内なら何やってもいいんだよ。

59 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:35:24 ID:Pl/WSUXO
そもそも女ですら結婚妊娠したら寿退社という名の首切りさせられる時代で
男の育児休暇など夢のまた夢

60 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:36:54 ID:WAUo93dU
考え方の古い中年の糞なところって、
弊習とかをまるで天皇かなにかのように思ってて、真顔でそれを強制するところだよなぁ

61 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:37:33 ID:OplwTswU
>>59
じゃあ、妻が病気になったり
死んだりしたら、子供を捨てるのか?

62 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:37:34 ID:uZ5JKqmQ
つか、お前らアホだな。
この運送会社はどこなんだよ????
まず、そこからだろ?


63 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:39:13 ID:hZ056EHu
>>54
失礼な
自民党の前総裁 ねらーの神安部ちゃんは
「残業代がなくなれば子供が増える」っていって
残業代剥奪することで少子化対策してるだろ
ます添えも賛成。

そのWEが立ち消えた。
民主が悪い。日本を少子化に導く民主。

64 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:39:35 ID:zfeGq8c3
育児休暇は別に構わんと思うが、
ボーナスがもらえないのは仕方ないんじゃねーの?

65 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:40:44 ID:eHcTkGN8
なんで企業って少子化対策しないんだ?
子供が減ったら何十年後かの新入社員の数が減るじゃないか

そんな何十年後かには自分の会社は無くなってるとでも思っているのか?

66 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:42:44 ID:QhHww3OL
当たり前だろw 育休が必要なのは男女問わず共働きだけ。男女平等とは何の関係もない。
片働きで主婦主夫を養ってる連中に負担を押しつけて、自分らはダブルインカムを維持させてくれって連中を
なんで保護せにゃならんのか。

67 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:42:53 ID:zfeGq8c3
>>65
- 今でも手一杯。
- 団塊近辺はやっぱりアホが多い

68 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:43:32 ID:IoqqiLrp
この辺は法律で何とかなるもんじゃないね。
この考えの浸透はよほどのことがないと時間がかかる。

69 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:44:46 ID:1gb3oK2G
自分とこで制度として認めてるくせに取らせないとか笑わせてくれる

70 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:50:05 ID:mWPQ5yXD
でもね。育児はほんの5-6年間。介護は悲惨10年以上続くから。9人でできる
仕事を育児しながらの人もいれて12人でやっても本当はいいのではないかと
思う。全員が育児するなら少子化も解決するわけだから。老人たちの夢見る世界
には子供のいない世界なのでしょう。こどもが理由での遅刻早退病欠も
NOなのだから。そんななかで男の育児休業・・・ありえるわけがない。

71 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:53:42 ID:yH153mCg
育児休業と少子化を絡める文言が目立つが
育児休業を認める事と少子化の関連性って具体的に証明した文書なり何なりってあるの?

72 [] 投稿日:2008/04/06(日) 23:54:20 ID:mZ8kAXYp
>>70
しかしその場合それ以外の条件が同じなら
一人当たりの給料も人数が増えたぶん減ることになるが大丈夫なのか?

73 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:55:49 ID:gHXd/yZE
「この育児なし」って怒られるよ

74 [sage] 投稿日:2008/04/06(日) 23:57:06 ID:L895N8RP
取りづらいのが現実なんだから、会社に託児所を義務付けさせるのが
一番効果的なんじゃないか?

75 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:01:33 ID:clMZiJyT
>>71
育児休暇も出来ないなら子供は厳しい…ってなるからだろ

76 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:02:53 ID:yH153mCg
>>75
いや、だから印象論以上のものを見た記憶が無いということ

77 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:04:27 ID:KJbcz0Mt
>>74
それいいかもね
更にパートや派遣を優先的に使わせて
社員が最後に使えるように法律で義務づけるといいかも

結局は労働力の搾取をしやすいところからしてきたつけだし

78 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:05:54 ID:hQl3HLHY
>妻(35)が長女の出産と同時に外資系企業を解雇されたため、

これもなぁ
出産年齢上がるわけだ

79 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:05:55 ID:LRXl5IEF
海外みたいに育児休暇中は給料カットすれば企業としても納得するだろ。

80 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:12:08 ID:+Kwfbzmg
>>72 就職した条件提示に含んでいれば可。途中からの変更は給料が不当に下がった
と残りの社員に思われる。ずっとガンガン企業戦士の戦場となっていたのを急に子育てに
優しい社会と変身するのは激変緩和措置が必要。入社時の条件付けをしていなければ
国が補助金を出すしかない。現実にはやはり昔のバリバリの企業戦士たちが残っているから
社会の変化についていかれず冒頭の罵声に繋がっているのだと思う。

81 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:13:25 ID:I/GDwX+h
>>78
外資系ってこういうのはちゃんとしてるのかと思ってたけど、そうでもないのな

82 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:15:31 ID:WO0QvEoC
日本の外資なんてデーブスペクターみたいなもんだろ

83 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:15:47 ID:MwloTBtn
>>70
その通りだと思う。

84 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:16:40 ID:/ORBdRq/
うちの会社は男の人で取ってる人いたなぁ。

85 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:16:57 ID:MwloTBtn
>>76
お前も子供ができる年頃になると分かるよ。

86 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:20:09 ID:LrhCwkZV
結局、子供作ったら負けってことでしょ

87 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:21:30 ID:PgjXiiIk
>>80
いや、そういう意味じゃなく、
もし貴方の言う企業風土の変化がスムーズに出来たとしても
現状9人で分け合ってる給料を例えば11人で分け合ったとしたら
実質給料2割減なわけだが
2割も給料が減って社員は持つのかどうか、
またはその分人件費を割り増ししたとしたら企業は持つのかどうか
って言う意味で言ったんだ。

88 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:22:30 ID:kdLwzAFx
>>86
そーか?
作らないと将来確実に負けだと思うぞ

89 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:24:26 ID:N4kHxA3C
>>86
作れなかったら、人生そのものが無駄になりそうだけどな

90 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:24:29 ID:LrhCwkZV
>>88
仕事クビになって、ただでさえ食い扶持増えて金かかるってのに?
子供が老後の世話してくれるなんて甘い甘い。
DQNならまだまし、ヒキーに働けって言うと殺される時代だぞw

91 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:30:59 ID:mHPw+8Ie
>会社は清掃関係などを広く手がけるサービス業の大手。
大阪の会社ってことは、ダスキンか?

92 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:31:14 ID:kdLwzAFx
>>90
いや別に子供生んだら勝ちとは言ってない
生まなきゃ確実に負けだと言っている

93 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:32:42 ID:zgYtv4uV
>>76
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1542.html
とか
http://www.esri.go.jp/jp/archive/hou/hou020/hou011.html
とか
http://www.rieti.go.jp/jp/columns/a01_0142.html
にある参考文献とか

まぁデータなんて同でもできるって反論が聞こえそうだが。

ついでに、スウェーデンで育児休業充実させて女性が社会進出したら出生率が増えたってデータは
日本では自民党によって摩り替えられた。
女性が社会進出すれば出生率が増えるっていうように。
結果は周知のとおり、出生率の最低を更新中

前提部分が違うんだから、いまだに結果が出ないのは当たり前。


94 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:38:10 ID:Lbh4EwhI
なんかもう会社の気持ちも分かるが育児は男女平等に国が制度を設けなきゃ駄目なんじゃないか
父子家庭を優遇する自治体も皆無だし最悪だよな日本

95 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:45:31 ID:WO0QvEoC
結婚はしたくないが子供はほしい


96 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:46:05 ID:LrhCwkZV
>>92
子供できたら基本的に損なだけじゃん。金かかるし育児休暇とればクビになるしw
子供という負債がない状態に対して負けと決め付けるのも違うぞ

97 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:46:31 ID:+Kwfbzmg
>>87
子供を産み育てることが可能な社会というのは前提に全員がとつくので、
11人に増えても全員が順繰りに育児休業(短時間休業)をとるので
みんなが2割減ってもその分育児をしているから公平だと思う。
そして減っている部分は自治体から給付という形で補填が激変緩和措置として
ふさわしいのではないか。雇用保険から微々たる形での給付制度は急ごしらえで
数年前にできてはいる。なかなか政府の思惑通りに若い人を動かそうとしても
老人たちが厚い壁となって阻んでいて子育てに優しい社会の実現は遠い。

98 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:51:31 ID:WO0QvEoC
子供作りたかったら女がもれなくついてくるのが嫌だ

99 [] 投稿日:2008/04/07(月) 00:51:56 ID:OqPpXf/p
つか、こういう空気読めない奴は、往々にして仕事も出来ないからこういう結果になる訳で、
仕事できる会社に取って本当に必要なら、会社側も認めるし報復人事なんてしない。

100 [sage] 投稿日:2008/04/07(月) 00:52:04 ID:N4kHxA3C
>>94
wikiより抜粋

専業主夫への法的不備
現在、日本の法制度上には、専業主夫に対する幾つかの不備が存在している。

児童扶養手当は父子家庭には支給されないが一部の自治体では父子家庭児童福祉手当と言う形で支給されている。
この制度は夫がフルタイムの職業に従事し続けていることを前提にしており、仮に専業主夫となった後に妻と死別した場合にでも、
児童扶養手当は支給されない。よって専業主夫を抱える家庭が育児を行う際のリスクは大きい。

遺族年金は55歳未満の寡夫には支給されない

労災遺族年金は55歳未満の寡夫には支給されない

これだけ差別があるそうです。
posted by log at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

鉄道は赤字が基本!? 赤字ローカル線は日本国民の“公共財”? (日刊サイゾー)[

利用者減少に歯止めがかからず、きわめて苦しい経営を強いられている地方民鉄各社(JRや
大手民鉄16社、大都市高速鉄道7社等を除いた鉄軌道事業者)。1974年には4億4000万人
だった地方民鉄の年間輸送人員は、その後減少を続け、90年代前半に一時やや盛り返した
ものの、04年には2億6800万人と、30年前の約61%にまで落ち込んでいる。そうした状況下で、
最近5年間に限っても、のと鉄道や神岡鉄道、鹿島鉄道、くりはら田園鉄道など、10以上の
地方民鉄が、一部または全線廃止を余儀なくされている。

利用客低迷の最大の要因は、まずモータリゼーション(自動車の普及)。そして、少子化により、
最大の得意客である通学利用の高校生が減少したことだ。「どの地方民鉄も、人員コストの
削減は限界に達しており、このままでは、安全面のコストがさらに切り詰められる懸念も
あります」と、前出の浅井氏は語る。同氏によれば、地球温暖化も利用客減少の一因になっている
という。降雪量の減少により、冬場の自動車や自転車の利用が増え、客離れに拍車をかけている、
というわけだ。

さらに、地方民鉄の中でも、勝ち組と負け組の差が浮き彫りとなっている。
鉄道ジャーナリストの梅原淳氏はいう。「全地方民鉄の約半数に当たる、都市化の進んでいる地域
では、利用客が横ばいか、やや増加傾向にあり、減少し続ける残り半数との差は開くばかりです。
また、大都市近郊でも、つくばエクスプレス開業によって深刻な経営状況に陥っている関東鉄道や
総武流山電鉄のように、新線開通のあおりを受けている民鉄もあります」

そうした厳しい状況をなんとか打破するため、地方民鉄各社は、涙ぐましいまでの努力を
重ねている。自社ウェブサイトに「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです」という悲痛な
メッセージを掲載したことが反響を呼んで、名物のぬれ煎餅の売り上げが運賃収入を上回り、
なんとか廃止の危機をしのいでいる銚子電鉄や、女性アテンダントを乗務させることで
利用客獲得に成功したえちぜん鉄道などは、まだしも恵まれた例だ。

浅井氏は、観光列車の運行や、観光地とのタイアップなどによって交流人口(外部から訪れる
人口)を増やす策では、一時的な効果しか得られない、との見解を示した上で、「地方民鉄の
赤字は、せいぜい150億円規模。3兆円規模の道路特定財源からすれば微々たるもので、これを
投入すれば、状況は一変します。実際、利用客が増えれば道路が傷まなくて済むという論理で、
道路特定財源の使途拡大分の一部は、すでに地下鉄整備に使われています」と述べる。

ただ、25万人の存続要望署名によって生まれ変わった和歌山電鐵の例を見ても、
最後にローカル線の生死を決するのは、地元住民の熱意だ。
「鉄道は地元住民だけでなく、道路・水道・公園・公衆トイレと同じく、国民共有のインフラ
であり、社会資本なんです。環境に対する便益や子孫に対する遺贈価値など、安直な廃止に
よって失うものは計り知れませんし、しかも、鉄道は廃止されたら二度と元に戻らない。
欧米では一般的な考え方ですが、鉄道というのは、赤字で当たり前なんですよ」(浅井氏)

結局のところ、「企業である以上、利益を出すのが当然」という考え方を、
鉄道経営にそのまま当てはめること自体に無理がある、ということのようだ。
(松島拡・文/「サイゾー」4月号より)

少々省略しました。ソース全文は
http://news.ameba.jp/cyzo/2008/04/12468.html

2 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 17:34:45 ID:XIkYVQIN
だが、ここは日本だ
欧米と比べても意味がない


3 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 17:35:50 ID:ZbmmRmf1
狭い日本、そんなに急いでどこへ行く。

4 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 17:38:24 ID:ghwpOoUq
道路は税金で維持されるのに、
鉄路は自前で維持整備しなければならない上に
固定資産税まで取られるから、やってられんわな。

5 [] 投稿日:2008/04/01(火) 17:38:55 ID:OKO5L7aT
日本の鉄道が黒字なのって、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車にも、バカ高い新幹線にも、
文句を言わずに乗るマゾな日本人が大半だからだろ。
道州制が導入されたら、日本の鉄道経営も危ういんじゃね。

6 [] 投稿日:2008/04/01(火) 17:39:47 ID:UCE4Spz/
田舎は近所で自家用車の相乗りをすればいい


7 [] 投稿日:2008/04/01(火) 17:40:01 ID:jQr1RIzv
地方鉄道なんだから、どーしても必要なら地方自治体が金出せばいいだけ
国にたかるな寄生虫

8 [] 投稿日:2008/04/01(火) 17:43:21 ID:hgNZZ5PA
>>4 道路は自民党のの利権政治屋が儲かるけど、
鉄道はなんのメリットもないから。

9 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 17:46:27 ID:z/NzqeGK
海外のファンドに助けてもらうしかねえよ。

10 [] 投稿日:2008/04/01(火) 17:46:45 ID:ogv0frRo
>>4
昔は、鉄道新規建設という利権が存在したからがんばったけど、もうほとんどないからねぇ・・・

11 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 17:48:02 ID:WZITvFZX
地方は赤字ローカルか、廃線になった跡地を赤字JRバスが走ってるのが普通だろ
そんな赤字バスでも基本運賃500円とか都バスと比較にならないくらい高い
それだけ頑張っても人口が減って限界集落とか増えてるし、自治体が支えないと仕方ない


12 [] 投稿日:2008/04/01(火) 17:59:23 ID:Hyjns47O
まず、人口が増えないと・・・・

で、留学生30万人、地方大学に誘致計画。

13 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 18:01:24 ID:ylLds/Fv
田舎でたくさん乗客が居てナンボの公共交通儲からんのは仕方ないよなぁ
乗客が少ない→便数減少→不便になって更に乗客減る→また便数が(ry
負のスパイラルだからな
でも先日読んだ本では鉄道で空気輸送するくらいなら、車で各々動いた方が無駄がなくなるらしいんで
欧米では当たり前とか言って鉄道の維持にこだわるより、
車で移動できない層を自治体がサポートするのがいいんじゃないかね

14 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:09:44 ID:fSJL6Uc0
それはどこいくにも車で一国で世界の半分以上のガソリンを消費しても平気なアメリカ理論。

15 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:11:00 ID:wJvtLFCw
田舎の山奥に住んでくれる人もいないと、山があれて洪水とかで大変だよ。

16 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:21:05 ID:m7e2I3BL
どんどん減らしていっていいよ
だが、免許を返納後に「公共交通機関が無くて困る何とかしてくれ」って言うなよ
潰したのはマイカー乗りまくったお前らだからなwww

17 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:30:26 ID:7SIIoUn1
>>16
「公共交通機関がないから困る」って言う人たちは
元々マイカー乗ってる人たちじゃないだろ。
なんでイコールなんだよ。

しかし、道路特定財源は3兆円もあるのに
台風で壊れた線路や橋のわずか数十億円の修復費用がなくて
廃止された高千穂鉄道哀れ……。

18 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 18:36:26 ID:n4a+y94A


お前らさっさと子供生んでくれ 
一人5人な

19 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:36:55 ID:/i+EHZLc
>>17
高千穂はそうでなくとも車検費用捻出できなくて
死亡寸前だったがな

20 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:37:04 ID:OKO5L7aT
>>1の言わんとすることはよくわかるんだが、
かと言って、赤字の三セク鉄道を援助漬けにすると、
それはそれで利権問題とか、職員の職務怠慢問題が
発生するんだろうな。

21 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:40:39 ID:UCE4Spz/
>わずか数十億円
はあ?頭おかしいだろ
わずかというなら、ジモティーが金だせばいいじゃん


22 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 18:41:29 ID:m7e2I3BL
>>17
免許返納した人は公共交通機関無くても困らないのか?
免許返納なんて老人以外しねえし

23 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:41:39 ID:DPQU69S3
上下分離でも駄目なら廃止。

24 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:42:11 ID:hMGFQpFk
>>17
そもそも道路なんて、本来はその1/5も財源いらないからな。


25 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 18:44:49 ID:497iifSD
バス停に駐車場と駐輪場を作れよ。それだけで利用者増える。

26 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 18:47:37 ID:CAs8bw2A
駐輪場なら道路整備の一環で出来るんじゃないの?

27 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 18:50:58 ID:m7e2I3BL
好例でも

富山ライトレール - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B1%B1%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

富山ライトレールは駅に自転車置き場があったり、到着後すぐに発車するフィーダーバスがある
ICカードを導入してるし、片道は200円
さらに免許返納で沿線のマンションが安く借りれたりする
市長が鉄オタだと、旨く行くそうですよ

28 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:51:19 ID:30uYoXCC
まあ、ローカル線駅のすぐ脇に
道の駅を造ったところとかもあるからな。
要は持ちつ持たれつ

あと、鉄道立体交差にも、道路特定財源が
使われてたりする

29 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:54:38 ID:OKO5L7aT
そもそも、地方ローカル線に走らせる車両に、車重30t超の巨大な車両はいらんだろ。
もっとちっこいのを、こまめに走らせればいいじゃん。
DMVみたいな余計なギミックはいらないから。

30 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:54:39 ID:D1XoHWyZ
バスの方が安い。大型からマイクロバスまで幅広いし。

31 [] 投稿日:2008/04/01(火) 18:55:58 ID:D1XoHWyZ
鉄道よりも道路の方が汎用性があるし安くつく。
バスなら路線変更も楽チンだし、使いまわしもきく。

32 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:02:29 ID:NMbmuKaH
>>17
しかし、鉄道を廃線に追い込むほどのモータリゼーションを起こしているのは特定財源な罠

実際田舎に暮らせば分かるが、道路+バス>>>>>鉄道
だって鉄道なんて1時間に1本で特急料金必要とかだよ
電車なんて遠出のときしか使わない。日常の足じゃない

33 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:03:01 ID:Ndv7XJ/Y
宝というのであれば沿線に公共施設を率先してつくるとか大型店舗
規制して沿線に新駅と巨大駐車場とともにつくるとか街づくりから
鉄道守ればいいのにね。

 田舎に行けばいくほど庁舎すら道路前提の場所につくってたり
するじゃないか。結局縦割りで道路は道路、再開発は再開発って
やって鉄道無視したからじゃないの。

34 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:07:08 ID:NQf03clo
代替でバスにしても、バスだったら黒字になるかっていうと
そんなことないからなぁ。
インフラがいらない分、気軽に本数調整したり路線廃止したり
できるんだろうけど、バス会社にとっても儲からないとわかってる路線で
代替を強要されるのは結構迷惑なはず。

鉄道廃止→バスって方法は簡単なんだけど、
償却が済んでる鉄道のインフラを、なんとか維持できる方法を
考えるほうがいいと思うな。
LRTのように、再び鉄道がいいって時代が来るとも限らんし。

35 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:09:28 ID:gsQrbxVB
廃止にしていいよ
歩け

36 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:09:51 ID:gleKPmca
LRTもある程度客が見込める所じゃないと厳しいよな。

37 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:12:18 ID:dZBaNCem
そりゃ黒字のほうが望ましいけど、地方は厳しいよなあ・・・

38 名前:ガムはロッテ チョコもロッテ[] 投稿日:2008/04/01(火) 19:15:43 ID:+DLOIQr8
別に赤字でも利用者が多ければいい。
赤字にして利用者が増やせるなら、どんどん赤字にするべき。
限度はあるけど。

39 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:16:48 ID:/i+EHZLc
>>34
無いから廃止するんだろ

40 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:16:58 ID:fN8//i0a
昔の西武=国土開発は税金払わないためにわざわざ赤字にしてた

利益で土地を買いあさったから赤字にできたんだな

41 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:17:04 ID:v4847a59
>>34
バスに線路走る車輪付けたバスが実用化されたとか実用化目前だったはず。
線路+αの地域をカバーして田舎の公共の交通機関が広がり活性化の可能性にかけるしかない。


42 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:17:56 ID:+Fi5WUd/
鉄道の苦しいところはなんといっても「線路・駅・人」を構えないといけないところだわな。
地面と人員と設備を維持するに見合うだけの乗降客ないし貨物がないと意味がない。
飲食店なんかと一緒で一定のラインを超えるとあとはウハウハ状態なんだけどねぇ。
バスは逆で大量輸送の旨みがないかわりに手間ヒマがほとんどかからない。

個人的には今後の人口動向考えると「空気運ぶくらいなら廃止」だけど
公共財だというなら、宗教法人よろしく税を減免してやれよ。
あと行政が10年先を見据えて”鉄道使いたくなるような”街づくりをすることかな。

43 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:19:34 ID:kdZq3Blg
鉄道は「大量輸送」の手段です.
乗る人が少ない地方ではバスの方がコスト安.

それでも電車を欲しがるなら,負担は地方でどうぞ.

44 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:20:27 ID:gleKPmca
バスすら廃止されてるようじゃもう手立ては無いけどな。

45 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:22:58 ID:NQf03clo
ガソリン税で道路がどんどん立派になっていくわけだけど、
道路特定財源にするのをやめて、地域によっては鉄道維持に
廻してもいいと思うな。


46 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:25:03 ID:FriA6hsW
>>34
地元に雇用が生まれるし、燃料を地元で調達するから、
鉄道よりもバスの方が、地域経済に貢献するけどね。

47 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:25:49 ID:FriA6hsW
>>45
いらない。どうせ使わない。救急患者も運べないし。

48 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:26:01 ID:EkgyeJOO
>>33
都市部だと駅前ではある程度の広い土地が確保できないって事情があるからね

>>45
民主がゴルァするかもしれんけど、「国土交通特定財源」ってやり方はあった。
これなら国土交通省所管の全事業が対象になるから、鉄道や船舶にも金をつぎ込める。

49 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:27:32 ID:EkgyeJOO
>>46
残念ながらその論理が成り立ったためしはない。
鉄道が廃止されるとほとんど例外なく沿線が急速に衰退している実情があるからな。

50 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:28:08 ID:Fe+OjTng


民営化論が闊歩しとるからねえ

公共インフラの意義を理解できない、テレビに煽られるだけの

チョンなみの頭脳しかないバカばっかになったもんなあ、日本は

テレビばっか見てバカになっちゃった日本人



51 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:29:31 ID:NQf03clo
>>48
そうだよね。
高速道路と新幹線より、ホントに重要なのは
地域道路とか在来線とかの地域交通だと思うわ。


52 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:32:17 ID:OKO5L7aT
一日3本しか鉄道が走っていない地域でも、バスしか走っていない地域よりは、
アクセスが便利ってイメージはあるよな。実態はともかく。

53 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:34:27 ID:8DQjOzTA
通学で使ってた路線が廃線になった時は、さすがに胸に来るものがあったな。

54 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:34:33 ID:/tYDgVnP
空気を乗せて走る車両を税金で維持するなんて例えNゲージでも許されないんでは?

55 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:38:13 ID:NQf03clo
>>54
車の走らん高速道路を作ってるくらいだからいいんじゃね?w


56 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:43:01 ID:8DQjOzTA
戦時になれば、物資の大量輸送の役に立つじゃないか><
軌道の維持は国益になると思います!(結構マジで)

57 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:44:14 ID:M0CsENWK
田舎は馬車か牛車で十分。
おまけに石油が枯渇するか日本のシーレーンがアボーン
したら勝ち組になれるよ。

58 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:45:37 ID:CTVlUjT9
何その国鉄思想

59 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:45:44 ID:sqgmz+pk
名刺は切らしておりまして :2008/04/01(火) 18:11:00 ID:wJvtLFCw
田舎の山奥に住んでくれる人もいないと、山があれて洪水とかで大変だよ。
そだsね

60 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:52:18 ID:XbVBGsfn
道路の舗装もタイヤの幅だけでいい、とか言い出しそう

61 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 19:53:12 ID:+Fi5WUd/
>59

確かにそうだが、そのためには「鉄道維持」ではなく
農業・林業に対する支援・政策が求められてるんじゃないか?
旨みがあればどんな辺鄙なところでも人は群がるものだ。
鉄道はその後でいい。

62 [] 投稿日:2008/04/01(火) 19:56:08 ID:DwpRoGBL
車で行って、降りて、用を済ませて、車で帰る。
点と点を結ぶだけでスルーされる地域では、開発意欲は生まれない。
地方へ行くと、歩いている人がいない。
このあたりにうそ寒さを感じるのだ。

63 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 20:10:30 ID:hSw34sf8
大型トラックと大型バスの走れる国道ができた時点で、
ローカル線の役割は終了

後は郷愁のみ

64 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:21:55 ID:L9Dbfaxh
ローカル線をそのまま簡易舗装して軌道バスにすればよい。

65 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 20:23:46 ID:EkgyeJOO
>>64
白河でまさにそれやってますな
一部はもっといいルートができたのでそっちを使っているけど、いまだに専用道は現役。

66 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:26:28 ID:zQOTpUYo
左に急旋回してからサイゾーがつまらなくなったのが悲しい・・・
前の紙面カオス状態で物事を斜めから見てるような視点が好きだったのに・・・

67 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:28:49 ID:aXdYFRMV
>>29
ライトレールはその点有利だよね

>>30
バスも地方では鉄道以上に苦境。
燃料費と運転士確保が鉄道より困難だね
政治は公共交通にはきわめて冷淡
道路利権があまりに巨大すぎるわな

68 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:32:21 ID:+PsceV8L
鉄道利権があった時代には、我田引鉄と言って、政治家の介入で路線が曲げられ
変なところに駅がつくられた。
 
大船渡線なんて地図で見てもハッキリそれが読み取れる。

69 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:32:41 ID:Y7F3cpTk
自動車の税金とかガソリン代が安すぎだろ
もっと税金上げて公共交通機関の赤字補填にまわせよ

70 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 20:34:18 ID:aXdYFRMV
>>51
地域道路はもう不要。
田舎の道路の不釣合いな華美さ具合は異常。
特別会計のおかげだがな、無駄だと思ふ

71 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:44:01 ID:+4QCEoWY
地球温暖化wwwwwwwwwwwww
気候変動だろ馬鹿につける薬梨

72 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 20:45:22 ID:7ze/UA6i
>>1
北線の客は増えている関東鉄道と全線エリアが被っている総武流山電鉄を一緒にすんな。

73 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:53:06 ID:DPQU69S3
>>70
発注金額の最低限があって、作った道路の補修が特別会計でできないらしい。
全額、地方交付税化がジモティの役に立つ。

>>48
建設省と運輸省が統合したときがチャンスだったな。

74 [] 投稿日:2008/04/01(火) 20:53:06 ID:FriA6hsW
>>49
結局、鉄道に依存しない街づくりをしなければならないってこった。

75 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 20:54:27 ID:KLgxpxn+
クルマ持ってない人って、デートも電車で行くの?
ぷっ。ださ〜。
地方ではクルマは一人一台があたりまえなのに。
っていうか地下鉄は汚すぎ。銀座線とかひどい。電車賃を倍にして、改修工事すればいいのに。

76 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 20:55:33 ID:EkgyeJOO
>>73
しかしそのころはまだまだ経世会がパワーを持っていたからな・・・・

77 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 21:11:30 ID:itSqStmj
>>75

田舎者乙。


78 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 21:12:20 ID:1/6L8hYc
道路に無駄な金やるよりローカル線に補填して存続させた方が良いと思うのだが
都市部の私鉄でも経営やばいとこ多いのに、地方に行ったらなおさら単独経営は無理。

79 [] 投稿日:2008/04/01(火) 21:13:03 ID:MMrVY+hW
NHK解体して、鉄道維持とかに使えばいいじゃん
鉄道とバス交通を、年数千億の予算でやればいいじゃん

80 [] 投稿日:2008/04/01(火) 21:16:33 ID:9Tlsl6uJ
>>4
フェアじゃねーよなw

81 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 21:19:51 ID:X6eomtVu
>>68
具体的にどのへんが?

82 [] 投稿日:2008/04/01(火) 21:21:37 ID:08j4G0gj
>>75
つレンタカー

83 [] 投稿日:2008/04/01(火) 21:31:03 ID:0L0PylUJ
道路の予算は鉄道の何倍よ?

84 [] 投稿日:2008/04/01(火) 21:33:14 ID:FriA6hsW
>>78
なんで、ローカル線を維持した方が良いと思うの?
人員を用意できるの?客は乗るの?

今が転換点だよ。

85 [] 投稿日:2008/04/01(火) 21:51:07 ID:l94brB4p
保存鉄道でいいんじゃね?
休日にマニアックな車両を走らせる。
平日は赤字なので運休。

86 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 21:55:10 ID:XTsrdmr/
線路沿いに住んでなけりゃ結局は自家用車が必要
バス路線沿いに住んでなけりゃ結局自家用車が必要
使われなくなれば本数が減って余計に不便になって使われなくなる
田舎では鉄道もバスも衰退するしかない

87 [] 投稿日:2008/04/01(火) 21:59:06 ID:Bv0M3szy
公共交通なんてしょせん、しょうがなく利用してるもの
早いとこ、酔っ払いでも、無免許でもパーソナルな移動手段の
「“自動”車システム」ができれば、地方と都市の格差も減る

88 [] 投稿日:2008/04/01(火) 22:01:21 ID:dhCtKuzc
JR西日本は三江線なり木次線なり自治体売却するべき。
超赤字ローカル線が経営を逼迫して安全投資を置き去りにした挙げ句が尼崎の事故。

89 [] 投稿日:2008/04/01(火) 22:14:18 ID:VFNenBBA
>>85
無駄にスイッチバック採用したり、
タブレット閉塞方式を採用したり、
立体交差のための陸橋を急‰にして
アプト式にしてみたり、

90 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 22:15:37 ID:br84LR5P
地方に人が住まなくなった方が合理化が進む

91 [] 投稿日:2008/04/01(火) 22:21:02 ID:CaWhwA0n
最近銚電の話聞かんなア

92 [] 投稿日:2008/04/01(火) 22:38:43 ID:0AwkiCgU
結局、何もかも人口減が原因、子供を作らないヤツ(自分たち)が
悪い、ってコトか。

しょうがねえな。


93 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 22:49:21 ID:x3aeFM71
郊外開発の規制
公共施設や商業施設の駅前への集積化
広域に分散している住民の沿線への移住促進
短編成大増発

どー考えても実現不可能だな

94 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:42:10 ID:itSqStmj
鉄道が赤字→本数減らす→不便になる→車に流れる→さらに赤字
という循環になってるからなあ。
これを打開するにはデュアルモードビークルの登場を待つしかないか?


95 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:50:05 ID:HP54zMZg
>>93
指定地域外だと税金を高くするとか、
公共料金も割り増しにするとかだと、
ある程度集住させることは出来そうだけどな。


96 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:53:29 ID:UHgNxZdP
全長140キロのふるさと銀河線なんか
毎年4億の赤字と、開業20年くらいたったときの設備更新費用20〜40億が
道も出してくれず捻出できなくて潰れたけど
59兆とか言ってるのを聞くと、これの端数でいいから恵んでやれば
全国のローカル線が助かるとか妄想してる。

いっせいに国鉄から転換した第三セクターがそろって設備の更新時期を迎えてるから
これからバタバタいくだろうな。
休暇と金溜めとかなきゃ。そうです俺は鉄ヲタです。

97 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:57:49 ID:hu+ojyPM
君のいる街は 果てしなく不便
だのになぜ 歯をくいしばり
君はいるのか
そんなにしてまで


君のいる街に 希望はもういない
だのになぜ なにを求めて
君はいるのか
あてもないのに


君のいる街は 過疎化が進む街
空にまた 陽がのぼるとき
若者はまた
出てゆきはじめる

空にまた 陽がのぼるとき
若者はまた
出てゆきはじめる

http://www.youtube.com/watch?v=F168QZNO9JI


98 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:58:03 ID:m7e2I3BL
捻出しないだろ。
自動車からすれば鉄道はライバル。

99 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:58:49 ID:aXdYFRMV
>>83
道路は年間で12兆8000億円
http://cyl.co.jp/road/kanagawa/dourotokuteizaigen.html

新幹線は2500億円だっけ?、地方鉄道に回る国税は0円。
赤字で第3セクターを維持している分は>>1のとおりだと150億ということになるのかな?

100 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:03:24 ID:/i+EHZLc
>>94
中途半端の役たたずだよ
posted by log at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半導体業界が「永久」の停滞期に突入?…ガートナーが分析

米国Gartnerのアナリスト、リチャード・ゴードン(Richard Gordon)氏はこのほど、
半導体業界が世界的な停滞期に入っているとの見方を示した。
しかも、これは一時的な現象ではなく、二度と急成長は見込めないかもしれないという。

Gartnerが発表した報告書によると、昨年の半導体業界における世界全体の売上高は
2,739億ドルで、2006年の3.8%増にすぎなかった。
毎年2ケタ成長を続けてきた業界としては明らかな鈍化だ。
しかし、「半導体業界はこの低成長が今後も続くことを覚悟しなければならない」
とGordon氏は指摘する。

Gordon氏は、Computerworld米国版の取材に対し、
「マイナス成長よりはましだが、半導体業界の歴史から見れば、決して力強い成長とは言えない。
 5%にも満たない1ケタ成長では先行きは不安だ。1990年代後半の高成長はもはや過去の話。
 近い将来に高い成長が期待できる要素は見当たらない。
 このまま長期間、もしかしたら永久に低迷することも考えられる」
と述べた。

問題は、PCや携帯電話のような成長の原動力となる新たな市場がないことにあるとGordon氏は指摘する。
「いずれにしろ、半導体業界はこれまでと同じ市場に製品を出荷するしかない。需要だけ見れば
 今後も出荷数は確実に伸びるだろうが、価格に対する圧力も続くはずだ。永久に利幅の薄い
 成長を続けるしかないのではないかと彼らは危惧している」(同氏)

一方、半導体業界の停滞がユーザーにどのような影響を及ぼすかについて、
Gartnerでは、チップが安く手に入るようになるなどのメリットを挙げている。

ソース(>>2以下に続きます)
http://www.computerworld.jp/news/plf/102609.html

2 名前:きのこ記者φ ★[] 投稿日:2008/04/01(火) 23:13:24 ID:???
(続き)
Gordon氏は、今後、中堅メーカーのM&A(買収・合併)が盛んに行われると予想している。
「IntelやSamsung Electronicsは独力で生き残れるだけの体力があるが、中堅メーカーがそうであるかは疑問だ。
 AMDは判断が難しいところだが、同社はすでにコスト・ベースをかなりの部分まで整理しているし、
 IBMなどの大手メーカーとも提携関係にある。大々的な社内改革を断行したうえ、競争相手と言えば
 Intelくらいのもので、そういう意味では独特なポジションにいる。
 したがって、AMDが買収の標的になるとは思えない」(同氏)

半導体市場の成長鈍化と米国経済の低迷により、2007年はチップ・メーカーにとって明暗が
分かれる年となった。Gartnerの調査では、3社が2ケタ成長、4社が売上減であった。

Intelの2007年の売上高は前年比10.7%増となり、Gartnerの「Top 10」リストで首位の座を守った。
2006年に6位だった東芝は売上高20.8%増と過去最高の成長を達成し、
IntelとSamsung Electronicsに次ぐ3位に躍り出た。

「東芝の躍進には目覚しいものがある。
 日本のメーカーとしてはここ2、3年で最も成長した企業だろう。
 東芝はソニーなどのゲーム・コンソール・メーカーに相当量を納入しており、フラッシュ市場に強い」
とGordon氏は分析する。

AMDの2007年の売上高は20.9%減と振るわなかったものの、それでも業界9位にとどまった。
Gordon氏は、2007年のAMDは売上高で苦しんだだけでなく、製品出荷の延期により、
市場シェアとマインド・シェアにも暗い影を落としたとしている(関連記事)。
「特に、ライバルのIntelが新しい45nm製造プロセスによるクアッドコア・プロセッサを
 出荷開始したときに延期を発表したのが痛い」(同氏)。

加えて同氏は、
「AMDはハイエンド・プロセッサ市場でも競争力を大きく落とした。メインストリーム市場に製品を
 出荷するためには価格を引き下げるしかなかったのだ。また、チップの出荷延期だけでなく、
買収したATI Technologiesをどう統合するかという問題もあった。AMDはIntelの盛り返しにも苦慮している。
 AMDにとって2007年はあらゆる点で厳しい年だった」
と語る。

しかし、3月初旬にグラフィックス・チップ・セットを、先週には一連の新型デスクトップ・プロセッサを投入するなど、
最近のAMDには回復の兆しが見られる。さらに、4月にはクアッドコアOpteronプロセッサ「Barcelona」(開発コード名)
搭載のシステムが発売されるほか、65ワットのクアッドコア・デスクトップ・チップと3コアのデスクトップ向け
チップの出荷も控えていることから、再び勢いを取り戻すかもしれない。

AMDが息を吹き返せば、AMD対Intelのチップ戦争が再燃するかもしれない、と一部のアナリストは見ている。
そうなれば、チップ価格の下落とさらなる技術革新が進むため、ユーザーにとっては
よいことづくめだとアナリストらは口をそろえる。

(記事終)

3 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:15:06 ID:RSvD9GRV
好き勝手言える仕事はいいね

4 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:15:53 ID:e2lM828x
要するにアメリカの半導体の時代が終わったってことだな
東芝やエルピーダにとっちゃいいニュースだ。

これでアメ企業が手を緩めりゃ東芝は世界一狙えるよ

5 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:17:40 ID:8KohGmlL
ルネサスも時々でいいから思い出してください。

6 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:18:07 ID:yGVY1Wbr
NVIDIAがCPUつくるとか、NVIDIAがAMDを買収するとか

そんな噂が今年の夏も広まるのだろうか

7 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:18:27 ID:P5+dY/WP
そこで日米半導体協定ですよ。

8 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:18:30 ID:tuX+rxe2
この手の予想屋の予想が当たるなら
ムーアの法則は十回ぐらい終わってるw

9 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:23:02 ID:e2lM828x
成長の原動力なんて次々でてくるよ
携帯ウェブ革命もあれば、モバイル動画市場もある
Wiiみたいな据え置き型ゲームがテレビチャンネルのトップに躍り出てグーグルよりすごいことになるかもしれんし

紙に文字を映し出す技術が発達すれば(画像媒体は目がつかれる、文字にあわん。人気ブログの文字数が本に比べて少ない。画像は文字に向いてない)
モバイルブックだって成功するかもしれん

新製品はまだまだ出てくるよ
半導体はまだいける

10 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:25:30 ID:y24s594T
少なくともDRAM業界はもうだめぽ
もうすぐNANDも後を追います。

11 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:26:46 ID:tv/xViPn
かつての繊維業界や石油化学製品と同じ道ということ。廃れはしないがピークは去った。
次の技術革新がでないと世界はヤバイ。

12 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:27:45 ID:wgZR3d+i
メモリが4Gしか積めないからこんな事に…

13 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:28:10 ID:oHP5nL6R
いつかは停滞すんのが当たり前じゃね?


14 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:28:51 ID:e2lM828x
>>11
そろそろロボットの登場ですかw

というか「モバイル革新」するから大丈夫でしょ、また世界が変わる
PCネットだって「テキスト媒体」から動画などにやっとかわったばっかだよ

15 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:29:00 ID:IgnOlw0z
>>10
2GBで5,000円とかで売ってりゃそうだよね。
NANDはまたちょっと事情が違うと思うけど、SSD大容量化に向かうのなら
DRAMと同じ末路なのは目に見えてるかも。

16 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:29:40 ID:Bg222AD3
AMDこそVIAを買うべきだと思うんだよな
お互いの弱点を補完し合える、現状で最善の組み合わせ
Intelの低価格ノートに対抗するには、VIAのCPUとAMD-ATIのチップしか無い

17 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:30:11 ID:cvfCU9c/
サムチョン結構評価されてるんだなぁ
もうそろそろ死ぬものと思っていたが

18 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:30:16 ID:gL6B/QvL
メモリ8GB欲しい
64BitOSを使いたい
だけどビデオキャプチャのドライバが腐ってるからダメポ

19 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:30:28 ID:o8BTRnJ9
>>10
NAND系はもうちょっと伸びしろはあると思う、

まあ、>>12の指摘どおり、メモリ4GBの壁が皮肉な結果になってるな、
メモリ256GBでも付けれます見たいな世界でもあれば、まだまだ、メモリの需要もあったかもしれんが、


20 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:30:45 ID:7pTkiHp8
半導体の景気サイクル=需要サイクルは4年周期
オリンピックだったかワールドカップのどっちかに合ってるらしいが
どっちだったかは忘れた。
しかしその周期内のブレが小さくなってんならいいことなんじゃ

21 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:31:04 ID:Bg222AD3
>>12
4GB以上で恩恵があるのって、現状では写真屋が殆どだと思うが…

22 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:32:06 ID:jTmvvVz8
昔、半導体を米つぶに例えてたけど、もう農業と同じくらいポジションになってきたなぁ。

23 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:32:31 ID:tv/xViPn
>>14
ロボットは基幹産業とはなり得ない。総合技術ではあるが、自動車産業以下のもの。
バイオがどうかな、しかし、思ったほど力がない。見通し暗い。

24 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:32:44 ID:4ae6um8L
じゃあ安くしろよ

25 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:32:52 ID:Bg222AD3
>>15
PC用はまだよい、フラッシュメモリは半年で半額に暴落するんだぞ
どうやって利益確保するんだと…

26 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:33:41 ID:2nNbt8FZ
MRAMでOK

27 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:33:43 ID:o8BTRnJ9
>>21
例えば、メモリが無制限に詰めるなら、今までHDD上でやってた事が全てメモリの上だけで
出来るって事になるし、そうなると、今までのボトルネックだったHDDの遅さがチャラになる
逆に言えば、その分、CPUのグレードを下げてもトータルで早いシステムになったとかね、



28 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:34:14 ID:rOUI4DTJ
こうなると、一極集中的な志向で発達してきた使われ方から
機能毎に特徴のある、細かい分野に特化した、組み合わせにシフトしてくる。
かつてのPC業界に観られるような、「はぁ?そんなモンなんに使うねん?」
のような、不思議な志向の製品が発達してくる。
そうやって最終的には、細分化、標準化の歴史をたどって、電子部品は発達する。

29 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:35:06 ID:nDxXPmsN
>>12
4G以上のメモリなんて一般人が何に使うんだ?
俺なんて3Gで持て余してるわ…

約8Mしか載っていなかった98に16M増やして感動した頃が懐かしい・・


30 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:35:24 ID:Mc/Pbwpl
インテルのCPUなんて1000円でも高いぐらい。

31 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:36:25 ID:o8BTRnJ9
>>28
EeePCだったけな、ああいったのって言うのはまさしく、その発想の上にある物だしね、
任天堂のDSやWii、appleのipod タッチ系、携帯電話なんかは細分化の前兆だと思う、



32 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:36:30 ID:2nNbt8FZ
フラッシュメモリといえばこんなのも

なんと、165万9000円――ソリッドアライアンス、12Gバイトコンパクトフラッシュ発売
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0405/26/news047.html

たった4年で・・・

33 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:38:55 ID:3OrofF6s
>>27
理屈ではそうだが、それを現状でフルに使い切るのは写真屋か動画編集かDTMみたいなマルチメディアだけだろ
逆にオフィスとネットしかやらん大半の人間には、32bitから乗り換えるメリットが今はまだ無い


34 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:41:10 ID:3OrofF6s
>>31
今後もローエンドとハイパフォーマンスの二極化は止まらないだろうな
何せIntelがnettopで二極化を推進しているのだから

35 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:44:11 ID:nDxXPmsN
iRAMがDDR2対応で尚且つ1万前後の安値だったら売れまくるだろうなぁ・・

36 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:44:49 ID:o8BTRnJ9
>>33
自分も実際は普通の人なら2GBで十分っていう意見だし、32bitOSでも問題ない、
一般人は64bitOSはメリットなしと考えてるよ、

ただ、シリコンの発達に対して人間側のイマジネーションがちょと貧弱じゃないかと思うんだよね、


37 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:47:25 ID:WDoj45wi
OSと同じ、そしてハードと同じ

加速度がなくなった時期。

安定した供給ができればそれで良いだろ

38 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:49:28 ID:P5+dY/WP
普通にVista起動してれば4G超えると思うんだが?

39 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:51:01 ID:TxwYvsOO
いつか携帯からニコニコがサクサク見られるようにならないかなぁ
(´・ω・`)

40 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:54:31 ID:7UXobVHY
むしろ、ラットレースに勝ったとこが、
その後、どれだけ値上げするのかガクブルですよ。
半導体って必需品じゃん?

41 [sage] 投稿日:2008/04/01(火) 23:56:15 ID:UX7C01oD
10年後はHDD→SSDに大半が変わってるだろうし、
なんか新しい物も出てくるだろうし、
そんなには悲観する必要もないんじゃないの。
まぁ車と同じで成熟市場になっちゃったかなという気がしないでもないけど。

42 [] 投稿日:2008/04/01(火) 23:57:02 ID:o8BTRnJ9
>>40
DRAMなんか見ていても、ランキングみると、サムスンやエルピーダ以外に
ちょちと前までは名前もしらないようなメーカーが次々と出てきてる、、

結構、半導体産業ってのは、意外とチャレンジャーが多いんじゃないかね?
その内、インドやベトナムあたりからのDRAMベンダーが出てきたりとか、


43 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:00:54 ID:3wlc7szQ
>>38
そもそもVistaが必要ないんだ
つまりそういうこと

44 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:00:56 ID:3r2MqEAg
>>27
つMacBook Air

45 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:01:02 ID:7UXobVHY
>>42
まぁ、新興企業は出るには出てるけど、半導体全体の需要は今後も伸びまくるから、
新興企業が出てきても新興企業じゃ供給をまかなえなくて、
どっかに吸収されるか淘汰されるかされると思うんだよね。
日本的には半導体を作る機械なんかは完全に押さえてるからおkだけど、
消費者的にはビビるよw

46 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:04:21 ID:+hc8bgf8
これからは人工知能の時代ですよ。

47 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:14:19 ID:p/RGVaLN
>>40
そうなんだよな。安定してしまった時が問題。

チャレンジャーが多いというより、設備更新したばかりのところが
前に出るって感じでしょ。もちろんタイミングは重要だけど。

48 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:18:40 ID:7FQY4ExF
半導体はまだまだいくだろ。
短期で見てもSSDが数百GBクラスになるまでメモリは続々と必要で、
機器のインテリジェント化やいまだPCすら普及してない地域への
展開だけでも必要。



49 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:22:09 ID:DaDcusJ6
停滞してるのはプロセッサだな。
高いモデルが売れなくなってるし、ラインナップも減ってる。

50 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:29:14 ID:VuXpY211
良く、経営評論家みたいな人が「規模の経済はすばらしい」みたいな
事を言う。

規模の経済というのは、経済学的には長期限界費用逓減という条件を
満たしている産業のことで、半導体産業はその典型として扱われる。

規模の経済の産業ではどういう事が起きるかというと、「全ての企業が
赤字ギリギリで廉売競争をして、いくつもの企業がつぶれて淘汰される
結果、最終的に独占が成立する。独占が成立すると、不当に高価な価格で
販売できるようになるので、独禁法で独占にならないようにしなければ
ならない。」という事になる。つまり、一生利益ゼロで生産し続けると
言うことを意味する。

今までは、急成長市場だったから、淘汰圧は低かったけど、これから先
は、典型的な不況型産業になっていくんだろうと思う。


51 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:32:24 ID:yggVFyko
PC、携帯電話の次はRFIDだとおもふ

52 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:33:21 ID:0LlPjAFV
>>1
このまま熱くなって行くと、12月の末ごろには、
世界は人類生存が不可能になる...

ってなジョークを、マジで書いて飯が食える職業
ですか。w

いい、商売ですなぁ。

53 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:34:05 ID:OljKfqfh
サムスン最強

54 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:34:20 ID:7mhgR/EC
>>48
技術停滞は無いだろうが、永久の薄利業界になるんじゃないかって話だろ?
そこで、東芝が注ぎ込んだ新メモリ工場から世界に出荷される次世代SDカードな訳ですよ。
上手くすれば、SSDすら価格と容量で駆逐出来るかも知れない

55 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:34:32 ID:tSuDq7LW
>>24
安くしすぎたから駄目産業になった
コモディー化は駄目だろ あとは賃金を減らすしかないんだよ

56 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:35:01 ID:42SDnY7s
自動車産業向けの制御チップや医療向けのDNAチップ
製品タグ向けのICチップとかの話どうなってる?

IT向けのみなら成長産業ではないんだろうけど…

57 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:35:14 ID:5ZZHTQ3r
基地外が需要を作る業界だからな

58 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:36:34 ID:um5HT9uj
>>54
SSDは容量だけでなく速度も肝なわけで・・・

59 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:38:05 ID:Kn/uxf7C
サムスンってメモリー系しかないじゃん。
論理回路設計する能力が無いかららしいけど。

60 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:38:49 ID:tSuDq7LW
>>58
今のところFLASHの構造上高速書き込みは厳しい
動作原理が一番の壁

浮遊ゲートへの電荷のトラップを別の物に変えるしかないだろう

61 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:42:08 ID:/+PKilA/
ビスタは、大容量メモリが安くなることを見越してああいう仕様にしてんだろ
クソ機能だと言う椰子もいるけど、それはそいつがヘビーな使い方をしていないだけで、
大量に画像扱いだしたら考えが変わると思うぞ

62 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:43:14 ID:UZXBjeZ2
>>44
個人的にはAirの評価は低いよ、アレはプレゼンの上手さで薄く見せたというのが
実際のところで、既にVAIOが同じぐらいの薄さは達成している、、

むしろ、コンセプト的にはEeePCの方が割り切っていて面白い


63 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:43:51 ID:tSuDq7LW
>>61
画像なんか大量に普通は扱わないよ
何をそんなに画像を扱うんだ?仕事ならまだしも

お前は盗撮マニア?なのか

64 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:46:08 ID:lW7OLM6M
韓国に煽られて共死にする日本の親父笑えるwwww

頭固いからなぁ

65 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:46:39 ID:UZXBjeZ2
>>61
そもそも、VISTAの謎は大容量メモリを使う事を見越しているなら、何故、
32Bit版と64Bit版なんていう二つの面を残したかって事になる、

結局のところ、VISTAはいろんな意味で中途半端なOSで、ユーザーのニーズを
捕らえていないって事になる


66 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:49:03 ID:8qGSW8Ja
完全電子ペーパー化もしてないのに、半導体が終わったなんて。。。
今あるアイデアだけでも半導体の利用なんていくらでもあるのにな。

まぁ、逆に言えば低成長(規模の経済追求で限界まで安くなる)が先に来て
それから、いままでコストの面でできなかったことができるようになるのかもしれないけどさ。

67 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:49:07 ID:R39aQsgs
Vistaが予想以上の糞だったからなw

PCスペック強化してでも使う気にならない。

68 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:49:19 ID:tSuDq7LW
VISTAは64bitのみでだったんだよね
32bitはエミュレーションで互換を出せば問題なかったのにね

69 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:49:32 ID:lW7OLM6M
>>63
そんなに使わない、そんな機能必要ない
そんな技術”もったいない”


”もったいない”の文化を逆手に取る在日子孫だなおまえw
自覚は無いかもしれないが、お前の両親に聞けば実は・・・って事になるんじゃね??ww

>>65
だれだれの責任だ、マイクロソフトの責任だとチマチマ言うお前は逆に純潔JAPだな。
もしかしたら、強引に純潔の振りしてる気づかない潜在在日チョンかもよお前ww

70 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:51:05 ID:tSuDq7LW
>>68
なんか文が抜けてた
64bitのみで出して32bitはエミュで動作させれば良かった

71 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:51:09 ID:um5HT9uj
>>62
店で展示品見たけど、パッと見で薄さを印象付ける為に筐体の外周を滑らかな板状に広げているんだな
騙しって言われればそれまでだけど、人間の錯覚をうまく利用している

72 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:54:07 ID:IS2kQxrp
今はメモリが貴重だからカメラのシャッターを押す必要がある、
もしメモリが無限なら常に映像を取り込んで後でいらないところ
を捨てるようになる、カメラのスタイルは劇的に変化する。

ピンボケの画像からピントが合った画面を復元できるから
ピンとあわせも本質的には必要がない。

73 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:55:27 ID:WrYp2rDt
>>69
お前はナニ人なんだよ。

74 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:55:47 ID:lW7OLM6M
意味わかんねwwww
この世に無限のものなんてあったのか??

馬鹿丸出しじゃねお前??

75 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:55:51 ID:tSuDq7LW
>>72
メモリなんか安いから貴重でも無いだろ
8GB10枚買ってもしれてるじゃん

76 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:56:28 ID:CkBtIVfn
VISTAはWindows ME Mk.2となる運命だ。

77 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 00:58:28 ID:CDZe/4bH
4GB超えて扱えないと新しいCPUをCADで書けない。

78 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:58:33 ID:lW7OLM6M
お前等を、制圧してる韓国人だ文句あるか??

お前等の文化全ては韓国人のものだ。
スポーツも芸能も政治も報道も。

違うのか??

右翼のお前が知ってることだろ???

お前等はクズの負け犬の踏み台の代理母だwww
お前等日本人女は俺たち韓国人に夢中で俺たちの精子を欲しがってる

だから注入してやるだけだけど????

お前等日本人男は土下座しとけや(ぷぷぷ

79 [] 投稿日:2008/04/02(水) 00:58:59 ID:IS2kQxrp
8GB程度だと数分で消費してしまうからメモリはまだ貴重なんだよ。

80 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:00:47 ID:tSuDq7LW
ならば32GBを10枚買えよ

81 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:01:06 ID:CDZe/4bH
>>78
いますぐその全文を韓国語で書いてみろ。いますぐだ。

82 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:01:44 ID:lW7OLM6M
あと、技術も韓国人なwwwwwwwwwww

お前等は、”生き踏み台”
精々相手の精子のためにガンバレやのび太wwwww

>>79
お前未来に行くか
サムスンのSSD使えば???

83 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:03:54 ID:lW7OLM6M
>>81
 ↑
のび太が泣いてます
リアルJAP男子。

絶対、大陸の人間に股開いた方がいいって。
後数年すると世間の風潮もそうなるよ。

今のうちに、中国人のチンポ咥えてろwwwww

これから日本は名前だけの国になるぞ。

84 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:03:58 ID:Kn/uxf7C
東芝のSSDかいま〜す

85 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:05:41 ID:4udfd4Z7
東芝と日立の差は経営の差の部分がでかいな

86 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:06:25 ID:3s6USwbV
>>83
日本語はいいから。
早くしろ。

87 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:08:04 ID:lW7OLM6M
はぁ?

東芝なんて、1発の訴訟で沈没させるよ。
東芝が規格作っても1発の訴訟で沈没させられる。

アメリカの議員もそれは知ってるし(前にやったからww)
一度やったら何度でもやるよ。

ソビエトに技術流したスパイの東芝は未来永劫アメリカでは利益は得られない
これは、某アメリカ下院議員がいったんだっけ??

一度悪さをした東芝は、何度でもキツイお叱りを受ける印がついてるwww

東芝は絶対に世界の企業にはなれないよ。
少なくとも、アメリカでえばれることは未来永劫この次元が続く限り無い。

88 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:09:08 ID:UZXBjeZ2
なんか、面白いのが沸いてますが、書く板を間違ってると思いますし、
東アジアニュー板では、秀吉がイチゴの木を根こそぎ奪っていったぐらいの、
ウエットにとんだ釣りでないと、受けないので、lW7OLM6Mは素人だと思います


89 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:11:02 ID:lW7OLM6M
東芝だけは、ガチで無いだろうな。
あと、100年この会社が続いてるか知らないが。

調子に乗れば必ず叩かれる。

これは、絶対だと思う
なぜならスパイの烙印を押された黄色猿だから。

>>88
意味わかんね
イチゴは誰かが持っていかなくても風で種子が飛ばされるし・・・
お前は、中国から飛んできた種子の特許料も払ってるのか????

払ってないとしたら、今まで滞納していた分を払うべきではないか??

90 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:11:11 ID:Kn/uxf7C
結局韓国人の振りをして釣ろうとする日本人だろ。
韓国語書けないみたいだし。

91 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:11:47 ID:s3AaV/CF
半藤体たってD-RAMで、CPUは米企業が握ってるんだからナ。
日本企業よ、もっと頑張れよ。チョン?、問題領域外だ。

92 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:14:06 ID:lW7OLM6M
東芝だけはガチだと思うぜ
原発とか公共事業をやってるようだが、そのうちドカンとやられる。

コツコツドカンでつぶれるだろ。

とにかく、スパイ事件でアメリカのイナカッペ議員を怒らせたからなww
未だに東芝=ソ連のスパイだったりする。

93 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:14:18 ID:Rewep6q+
>>90

だと思う。
だからスルーすればよし。

半導体ってこれからどんなものが出てくるんだろ。
新しいものが出てくれば需要はまたできると思うんだけどなあ。

94 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:17:01 ID:Kn/uxf7C
体内埋め込みとか。
あと世の中に溢れるあらゆる商品をRFIDで管理しだしたら
その数は計り知れない。単価は安いけど。

95 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:18:46 ID:tSuDq7LW
>>91
アメリカの半導体 特にintelなんかもそうだが
技術開発の人種のメインはアジア 中東 インドとかが多いんだけど
そこに韓国中国も多数居る
そして優秀だ そんな奴らが故郷に帰り半導体産業を国が設立して立ち上げを行った
今でもアメリカに優秀な技術者はアジアからは多いよ
不思議と日本人が少ないのも事実

まぁその昔 アメリカの半導体企業とで働いた俺が言ってみる

96 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:22:20 ID:Rewep6q+
>>95

へぇー。何か得意、不得意があるんでしょうか。

97 [sage] 投稿日:2008/04/02(水) 01:23:11 ID:6JyP0LJz
ゆとりじゃ

ゆとり教育をすれば全て事足りる
じゃなかったら、移民だなwwww

それを、コイツは言おうとしている。

98 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:24:08 ID:Rewep6q+
>>95
の書き込みを見て、それが本当ならアメリカと言う国の産業は
ものすごく強いように見えて意外と…?と思ってしまった。


99 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:25:10 ID:Rewep6q+
これから世界的に生活水準が上がるでしょ。
ったら必ずしもアメリカじゃなくてもいいわけでしょ。

100 [] 投稿日:2008/04/02(水) 01:25:33 ID:tSuDq7LW
>>96
白人は経営とかマネージメントがメインだろ?
技術者なんか奴隷(ブルーカラー)みたいな扱いだろ
だからアメリカの映画見れば解るだろうが研究所なんか下っ端扱いだろ?
金を出してるから 良い物作れ見たいな w
posted by log at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
姫路城とノイバンシュタインが提携