2007年08月28日

国家公務員の人事評価、統一基準で・09年度から…能力・実績主義へ

 政府は国家公務員制度改革の一環として導入する能力・実績主義への移行に備え、職員を
客観的に評価するための新たな人事評価制度を2009年度から本格運用する方針だ。
採用試験の種類や年次にとらわれず、能力と実績の両面から査定する仕組みに統一。
それに基づき人事配置や昇給を実施する。10月から半年間、地方の出先機関の職員を対象に
試行し、課題を洗い出す。

 6月に成立した改正国家公務員法は、ポストや給与などの人事管理について「採用年次や
採用試験の種類にとらわれてはならない」と規定。年功序列でない人事管理を目指す方針を
明記した。




NIKKEI NET 2007年08月26日11時07分
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070826AT3S2500Q25082007.html
posted by log at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック